バーチャル世界で繰り広げられる女性向けフルボイス恋愛アドベンチャー「イーストタワー・ライト版」※動画アリ

アプリ名 イーストタワー・ライト版
カテゴリ ゲーム
バージョン 1.4
言語 日本語
価格 無料

女性向けに制作されたフルボイス恋愛アドベンチャー「イーストタワー・ライト版」をご紹介致します!

●ストーリー

「自分が男の子なら良かった」

そんな願望を抱えていた彼女「森田咲耶」が、願いが叶う仮想世界ドリームワールドの新施設「イーストタワー」で念願の男の子「サクヤ」に変身します。

ところがそこで起きた事件により、サクヤと同様に姿を変えていた他の体験者と一緒に施設に閉じ込められてしまいます。

一体何が起きたのか、彼女らは無事に現実世界に戻れるのか…

キャラクタールートを進める毎に謎が解き明かされていきます。

●特徴

ゲームは全篇フルボイスの「女性向け」恋愛アドベンチャーとなっており、BGM・効果音・ボイス全再生の他、ストーリを更に際立たせる演出にもこだわっており、個人製作とは思えないクオリティです。

システムは選択肢を選択する事でエピローグやクリアランクが変わるものとなっており、もしゲームオーバーしてしまってもプレイしていたステージの最初からやり直し可能。Facebook等のSNSにステージの結果をシェアしてお友達に結果をお知らせできます。

※ただし、他の「乙女ゲーム」とは違った『男体化』『女体化』の要素も入っている為、苦手な方にはオススメできません。

コメディ要素が多く、それぞれのルートに繋がる謎が散りばめられているのもポイント。ライト版では「アキオ編」ステージ1までを無料でプレイする事が出来ます。

アプリ概要

ゲームは主人公「森田咲耶」とデフォルトで決まっていますが、ゲームに感情移入し易い様自分の名前や馴染みのある名前に変更が可能です。ここでは「現実世界の名前」「仮想世界での名前」二つを変更する事が出来ます。

名前編集画面

下図が実際のゲーム画面。画面下部ウインドウに台詞、上部に登場キャラクターが表示されます。メッセージ表示と同時に音声もちゃんと流れ、背景も綺麗に作られています。ウィンドウ右上「Close」をタップすれば、メッセージウィンドウ自体を消して絵だけを閲覧も可能。

ゲーム画面

ゲーム画面

「MENU」では、セーブ・ロード・オートモード・スキップの選択や、過去のテキストが見られるバックログなども利用出来ます。アドベンチャー定番の機能が全て搭載されています。

メニュー

●テキスト設定

テキスト設定では文字の表示速度やオートモードでのテキスト進行速度設定、既読・全てが選択できるスキップ設定が行えます。

テキスト設定

●サウンド設定

サウンド設定では、ゲーム中のBGM音量、効果音音量、ボイス音量を好みに合わせ変更出来ます。

サウンド設定

ストーリー中には下図の様な選択肢が表示されます。選択したない様によりエピローグが決まる形が取られています。

選択肢画面

選択肢画面

アドベンチャーゲームにも「ゲームオーバー」は付き物。間違った選択を行うとあっと言う間にゲームオーバーとなり、ステージの最初からやり直しとなります。

しかも「最低ですね」と罵ってくれます。・・・ご褒美ですね!

ゲームオーバー

ステージ初めからやり直し

問題なくステージをクリアすると、ステージ最後にリザルト画面が表示されランクが発表されます。また、ランクはTwitter・Facebook・Tumblrへシェアすることも可能。結果を友達に広く報せる事が出来ます。

リザルト画面

シェア

続きが気になる方は是非キャラクタールート編の購入をオススメします。ゲームを最大限に楽しむ為には、各シリーズに振られた番号順に進めるのが良いみたいです。

シナリオ追加

総評

通常の乙女ゲーとはちょっと毛色が違った印象を受けたゲームで、丁度良い部分で無料提供部分が終了するので続きがとても気になります。

続きがプレイしたい場合は、タイトル画面のAboutから各キャラクタールートを購入可能。キャラクターによって値段が違うのはストーリーの長さにあわせた価格設定になっているからだそう。また、今年中に最後のルート「イーストタワー・紅編」がリリースされる予定となっています。

キャラクターの絵で好みが分かれそうですが、無料で遊べる部分だけでも十分引き込む内容だったので興味がある方は是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

【イーストタワー・ライト版のプレイ動画】

こんなアプリもオススメ

About ユーリ

iOS/Android/Facebook/Google+などのコンテンツ記事を中心に執筆しているライターです。 神社仏閣遺跡城などカメラ片手に写真取りに行くのが好きです。ライターのお仕事もお待ちしております。お気軽にお声掛けください!
カテゴリー: ゲーム
ブックマーク: permalink